犬の栄養

ペット栄養管理士が答える!~ドッグフードのトッピング、あり?なし?~

※本記事ではアフィリエイト広告を使用しています。

リモサボン
ドッグフードのトッピング

今回はドッグフードのトッピングについてQ&A形式でご紹介したいと思います。

Q. うちの子は肉が好きなので、ドッグフードに毎回お肉を数種類トッピングしているのですが大丈夫でしょうか?

肉のトッピング

A. ドッグフードにはそもそも十分量の「タンパク質」が含まれています。さらにお肉をトッピングするとタンパク質の摂取過多になってしまうので、お肉をあげたい時はフードとは時間をおいてあげるようにしてください。

ビスケットやグルテンでできたガムをあげる代わりに、お肉を生であげましょう。生のお肉がなぜよいか。はまたの機会にご紹介します。

また、「お肉を数種類トッピング」されていますが、これも問題です。フードの中にはすでに複数種類のタンパク源が使用されています。そこにさらに幾種類ものタンパク源を追加することはアミノ酸のバランスが崩れてしまいます。犬の野生の状態を想像してみましょう。毎日牛や鳥や馬など、複数の獲物を捕って食べている可能性はかなり低いです。

複数のタンパク質源を犬の体内に入れることは消化機能への負担も増えてしまいますので避けた方がよいでしょう。
できれば、フードを選ぶときもなるべくタンパク源の少ないもの(できれば1種類)を選んであげてくださいね。

Q. うちの子はちょっぴり太り気味です。食物繊維の豊富な「おから」がいいと聞いたのでおからをトッピングしたいのですがどうでしょう?

おからのトッピング

A. おからはダイエット目的でフードにトッピングされる代表的な食材です。おすすめされているブログやサイトも多く見かけます。しかし私の見地ではおからは与えるべきでは無い食材です。

大豆にはレクチンが含まれます。(レクチン:特定の糖と結合する非抗体タンパク質の総称)
レクチンは、小麦グルテン同様、犬の腸壁に炎症を起こして損傷し、アレルギー様の症状を引き起こしたり、消化・代謝・免疫に悪影響を及ぼしてしまう要因となります。豆類に含まれるレクチンは、インシュリンの合成を阻害することがあり、肥満や糖尿病の原因になる場合もあります。ダイエットのためにと与えすぎて、かえって肥満になってしまったということにもなりかねませんね。

ただし大豆は、発酵するとレクチンが分解されるので、豆腐・納豆・お味噌などを少量トッピングしてあげるとよいでしょう。

Q. ドッグフードだけでは野菜不足になると思うので、毎日てんこもりに野菜をトッピンしているのですが、下痢をしてしまいました。野菜はいいと聞いていたのになぜでしょう?

野菜のトッピング

A. 人間同様、何でも食べ過ぎはよくありませんね。野菜は食物繊維が豊富で、適度な量であれば腸の中を掃除してくれたり、腸内細菌のえさになってくれたりします。また、体内では生成できないフィトケミカルを摂取できますし、生野菜であれば酵素の恩恵も得ることができます。

しかし元来犬は食物繊維の豊富な野菜を消化する能力が高くありません。野生の状態では時折草も食べますが、基本的には仕留めた獲物の内臓の中に入っている消化途中の野菜を口にしています。体にいいからといって、てんこもりにあげてしまうと消化ができずに下痢を起こしてしまいますので、トッピングをするならフードの見た目10パーセント程度に、なるべく細かく刻むかすり下ろすかして与えるようにしましょう。

スプラウト系は消化に良いのでおすすめです。

スプラウト系の野菜

スプラウト系の野菜(もやしなど)

Q. フルーツが好きなので、毎回フードにトッピングしています。太ってしまいますか?

フルーツのトッピング

A. そうですね、太ってしまいます。フルーツも特に生のフルーツは生野菜同様、酵素や抗酸化物が豊富に含まれているものが多いので積極的に与えたくなってしまいますが、フルーツに含まれる果糖は体内で脂肪に変わりやすい性質を持っています。与えすぎにはくれぐれもご注意ください。

最後に

いかがでしたか?基本的に犬は「雑食に近い肉食獣」ですので、前回ご紹介した「与えてはいけない、与えるときに注意が必要」な食物を除けば、ドッグフードからは得られない恩恵をトッピングで補填することは大賛成です。ちょっと注意をしながらも色々な食材をうまく活用してください!

それでは次回もおたのしみに!

アバター画像

いしもとゆきこ

投稿者の記事一覧

ペット栄養管理士、1級愛玩動物飼養管理士。
犬と猫のグルテンフリー手作りおやつ製造販売「株式会社ピースプラウト」代表取締役。
日本における犬と猫の手作り食、ホリスティックケアのパイオニア、獣医師本村伸子先生に師事。主に京阪神で手作り食セミナー、個別カウンセリングを行っている。

リモサボン

関連記事

  1. ペット栄養管理士直伝ドッグフードの選び方 【ペット栄養管理士直伝】ドッグフードの選び方
  2. 【ペット栄養管理士が解説】酸化防止剤から考えるドッグフードの選び…
  3. 犬にとって危険な食べ物 ペット栄養管理士が教える!犬に与えてはいけない食べ物、与える際に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

愛犬におすすめの便利な歯磨きグッズ 獣医がおすすめする犬の歯磨きグッズ8選

お隣にいるワンちゃん、お口の臭い大丈夫ですか?犬も人と同様に歯磨きがとても重要です。実は3歳以上の犬…

獣医が教える正しいシャンプー方法とおすすめの犬猫シャンプー

ワンちゃんをご自宅で洗う機会ってありますよね?しかしシャンプー方法を間違ってしまうとデリケートなワン…

生後26ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグ【子犬成長記】

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第11弾。インタビューを…

犬の耳掃除におすすめのイヤークリーナー3選 【獣医監修】犬の耳掃除におすすめのイヤークリーナー3選

みなさんは愛犬の耳掃除をしたことはあるでしょうか?トリミングサロンや動物病院でしてもらっている飼…

犬用のおすすめ靴3選 - 愛犬の足を熱さや汚れから守ろう 犬用のおすすめ靴3選 – 愛犬の足を熱さや汚れから守ろう

気温の高い日に愛犬を散歩に連れて行く、という飼い主の方も多いと思いますが、愛犬に靴を履かせていますか…

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第10弾 生後19ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグ【子犬成長記】

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第10弾。前回のインタビ…

簡単お手軽にできる犬の暑さ対策グッズ- 導入編

夏も近づき気温がどんどん上がってくると問題になるのが、犬の熱中症です。暑さに慣れていない犬にとっては…

愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選 愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選!

庭や外出先などで愛犬を遊ばせたいと考える飼い主さんは多いと思います。ただ遊ばせるだけとは言え、飼い主…

チャイニーズクレステッドのウソホント 【飼い主インタビュー】チャイニーズクレステッドドッグのウソホント

犬の図鑑やインターネット上にあるチャイニーズクレステッドドッグの情報は、実際にどれくらい当てはまるも…

愛犬との快適なドライブを実現するためのグッズ3選 愛犬との快適なドライブを実現するためのグッズ3選

近年、愛犬と一緒にお出かけができる施設などが増えました。それに伴い、愛犬とドライブをするようになった…

ディノベート デンタルホワイトプロ

ピックアップ記事

  1. 愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選! 愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選
  2. 生後14ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグを飼っています【子犬成長記】 生後14ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグ
  3. 生後26ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグ【子犬成長記】
  4. 生後19ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグ【子犬成長記】 チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第10弾
  5. 夏の散歩の暑さ対策におすすめのグッズ4選 夏の散歩の暑さ対策におすすめのグッズ4選
  6. 犬のシャンプー初心者におすすめしたいシャンプー4選 犬のシャンプー初心者におすすめしたいシャンプー
PAGE TOP