獣医監修コラム集

信頼関係の証「お座り・伏せ・待て」を覚えよう – 獣医に聞くしつけシリーズVol.6

ホワイティシモUV ブロック シールドホワイト

しつけと聞くと一番に思い浮かべる「お座り・伏せ・待て」。これらの指令を「コマンド」と呼びますが、これは単なる芸ではなく、飼い主さんとの信頼関係を深めるために重要なしつけの一つなんですよ! 大人になってからでもできる子も多いので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

コマンドの意味――コマンドは上下関係と信頼関係の証

コマンドを教えることのメリットはいったい何なのでしょうか?

犬は、もともと集団生活が得意で、上下関係をしっかり作るタイプの動物です。立場が下のものは、ボスの命令に従うという本能があります。それは単に従わなければならないというだけでなく、従うことでボスに守ってもらえるという安心感があるのです。つまり、コマンドを使うことで、

  • 上下関係がはっきりする
  • コマンドを実行している間は安心できる

という利点があるのです。

コマンドがしっかりすると、上下関係が逆転してしまうα症候群などの防止になりますし、お座りや待てをしている間は、ボスである飼い主さんに守ってもらえるという安心感を持てますので、お出かけの時にパニックになってしまうことも少なくなります

コマンドの基本「お座り」

dog-1272852_640

コマンドの基本は「お座り」です。お座りがしっかりできてから、「待て」や「伏せ」を覚えてもらいましょう。

「お座り」のステップ1 お座りの姿勢を覚えさせる
お座りの姿勢、子犬の時からわかっている子は多くはありません。まずはお座りの姿勢を覚えてもらう必要があります。その手順は以下の通りです。

犬が4本足で立っている時に

  1. おやつを持った手を顔の少し上に持っていき、首を上に伸ばさせる
  2. その状態で軽く腰を下に押す
  3. 少し腰が落ちたら褒めながらおやつを上げる

これが最初のステップです。これを繰り返して、いわゆるお座りの姿勢である犬座姿勢を覚えてもらいます。

「お座り」のステップ2 タイミングを見て「お座り」と掛け声をかける
ステップ1を繰り返すと、おやつを持った手を高いところに持っていくことでお座りの体勢に自然になるようになります。

次は、お座りをしそうになったら「お座り」と言ってください。「シット」(sit=座れ)でも構いません。そうすることで徐々に「お座り」という言葉と、お座りの姿勢が頭の中でつながってきます

「お座り」のステップ3 「お座り」という言葉だけでお座りをさせる
ステップ2を繰り返すうちに、おやつを頭の上にあげなくても、「お座り」というだけで座るようになります。その場合も、お座りをしたら必ず褒めたりおやつなどのご褒美を与えてください
ステップ1~3までは、早い子では5日程度でできますが、2週間くらいかけてじっくり行うようにしてください

お座りの応用「伏せ」

beagle-1464801_640

伏せはお座りの姿勢を使って行います。お座りができるようになったら、すぐに「伏せ」に行かず、1週間程度はお座りを完ぺきにするようにしてください。それをしないと、伏せのトレーニングの最中で「お座りをしてもご褒美がもらえない」と思ってしまうことがあります

伏せのトレーニングのステップです。

  1. お座りの姿勢を取らせる
  2. おやつを握った手を下におろしていって、犬の少し前の床につける。こうすることで鼻先が床に来ますので、そのまま手を手前に引いてくると犬の体勢も伸びて、伏せができるようになります。

伏せの体勢がわからず取れない子もいます。その場合は以下の2つの対処法どちらかを行ってください。

  • 体が前に伸びたら、体を床に押し付けるように、軽く上半身を下に押す
  • お座りしている犬の前で、体の左側が犬の方に向くように自分が体操座りになる。おやつを持った右手を膝の下から通して犬の頭が自分の膝の下に入るようにしてそのまま膝をトンネルのようにして伏せをさせる

伏せも最終的にはお座りと同じように、掛け声のみで行えるようにします

覚えておくと非常に有用な「待て」

cavalier-1444018_640

「待て」は性格によっては難しいこともあります。お座りの体勢で行ってもいいですし、伏せの体勢で行ってもいいですが、お座りや伏せがしっかり安定してできるようになってからに教えてください。

待ての手順は以下の通りです

  1. 「待て」というのと同時に、手のひらを犬の方に向けて「止まれ」の合図を出す
  2. 少しの間、「待て」の姿勢で待たせたら、必ず「よし」といってご褒美を与える
  3. その「待て」の時間を伸ばしていく
  4. ご飯を目の前に置いてみて「待て」と言って制してみる
  5. おやつを目の前にしても「待て」を維持させて、「よし」で食べさせる
  6. 手のポーズを取らなくても言葉だけでやってみる

必ず「よし」で「待て」を解除してあげてください。

この「待て」に慣れてくると、「待て」で止まる癖が付きます。散歩で他の犬を見ると興奮しやすい子も「待て」の間は落ち着いて待てるようになったり、リードが外れてしまった場合も「待て」で止めることができるようになります。できるだけしっかり覚えてもらってください。

まとめ

コマンドは単なる命令ではなく、飼い主さんと犬との信頼関係を作るコミュニケーションです。また、覚えておくことによる日常生活のメリットも大きいです。

じっくり楽しみながら確実に覚えてもらいましょうね。

adiantum

adiantum

投稿者の記事一覧

国立大学獣医学科を卒業後、動物病院2件合計8年間勤務。現在は獣医師として働きつつ、動物および人の健康に関する記事をウェブ上で連載中。大学卒業後、ロンドンでペットシッターも経験し、しつけなどのパピー教育にも力を入れている。

関連記事

  1. 犬の栄養と繁殖への影響 犬の栄養と繁殖への影響 ~摂取カロリーが出生数と子犬の性別に影響…
  2. 愛犬の震えへの対処法 愛犬の震えが止まらない!何をしてあげたらいいの?
  3. 不妊去勢手術の必要性 不妊去勢手術は本当にすべきなのか?現役獣医師が最新の研究から考え…
  4. フィラリアとその予防法について 現役獣医師が教える!フィラリアとその予防法について
  5. 社会化はしつけの基礎 犬の社会化はしつけの基礎。しつけの前にまずは社会化を ̵…
  6. 愛犬の血便への対処法 現役獣医師が教える!愛犬が血便をしてしまったときの対処法
  7. レーザー鍼灸治療 動物の補完・代替医療シリーズ ~鍼灸~
  8. 犬のしつけの考え方 子犬を飼う前に知っておこう!犬のしつけの考え方 – …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

愛犬におすすめの便利な歯磨きグッズ 獣医がおすすめする犬の歯磨きグッズ8選

お隣にいるワンちゃん、お口の臭い大丈夫ですか?犬も人と同様に歯磨きがとても重要です。実は3歳以上の犬…

獣医が教える正しいシャンプー方法とおすすめの犬猫シャンプー

ワンちゃんをご自宅で洗う機会ってありますよね?しかしシャンプー方法を間違ってしまうとデリケートなワン…

生後26ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグ【子犬成長記】

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第11弾。インタビューを…

犬の耳掃除におすすめのイヤークリーナー3選 【獣医監修】犬の耳掃除におすすめのイヤークリーナー3選

みなさんは愛犬の耳掃除をしたことはあるでしょうか?トリミングサロンや動物病院でしてもらっている飼…

犬用のおすすめ靴3選 - 愛犬の足を熱さや汚れから守ろう 犬用のおすすめ靴3選 – 愛犬の足を熱さや汚れから守ろう

気温の高い日に愛犬を散歩に連れて行く、という飼い主の方も多いと思いますが、愛犬に靴を履かせていますか…

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第10弾 生後19ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグ【子犬成長記】

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第10弾。前回のインタビ…

簡単お手軽にできる犬の暑さ対策グッズ- 導入編

夏も近づき気温がどんどん上がってくると問題になるのが、犬の熱中症です。暑さに慣れていない犬にとっては…

愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選 愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選!

庭や外出先などで愛犬を遊ばせたいと考える飼い主さんは多いと思います。ただ遊ばせるだけとは言え、飼い主…

チャイニーズクレステッドのウソホント 【飼い主インタビュー】チャイニーズクレステッドドッグのウソホント

犬の図鑑やインターネット上にあるチャイニーズクレステッドドッグの情報は、実際にどれくらい当てはまるも…

愛犬との快適なドライブを実現するためのグッズ3選 愛犬との快適なドライブを実現するためのグッズ3選

近年、愛犬と一緒にお出かけができる施設などが増えました。それに伴い、愛犬とドライブをするようになった…

ピックアップ記事

  1. ワンちゃんのフン取りに便利! おすすめグッズ5選 犬のフン取りおすすめ5選
  2. 現役獣医師が解説!狂犬病と予防接種の重要性 狂犬病と予防接種の重要性
  3. 生後4ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグを飼っています 【子犬成長記】
  4. 獣医がおすすめする犬の歯磨きグッズ8選 愛犬におすすめの便利な歯磨きグッズ
  5. 獣医が教える正しいシャンプー方法とおすすめの犬猫シャンプー
  6. ペットロス ~適切な社会的サポートで悲しみを軽減~ ペットロス
PAGE TOP