犬の飼育について

ペット関連施設について

ホワイティシモUV ブロック シールドホワイト
ペット関連施設について

無事に犬を迎えることができたその日から、愛犬との楽しい暮らしがスタートします。
現在、日本にはドッグランをはじめとするペット関連施設が数多く存在し、愛犬と一緒に行動できる範囲が広がっています。
そこで、この記事では、愛犬と共に楽しむことのできる施設をご紹介します。

ペット関連施設

ドッグラン
ドッグラン
ドッグランとは広い庭のような空間でリードなしで遊ばせることのできる場所です。
有料のドッグランもあれば無料のところもあります。
ドッグランには、自分の愛犬以外にもたくさんの犬たちがいますので、感染症のリスクを防ぐためにも、狂犬病予防注射や混合ワクチン接種は必ずおこなってから行くようにしましょう。
実際に、これら予防対策をおこなった証明書を求められることもあります。そのほかにも、発情期の雌を連れていかないようにする、おもちゃやおやつを持っていかないようにする、など施設によって様々なルールが存在していますので、必ずドッグラン施設のルールについてホームページで確認してから行きましょう。
広い場所で走り回る愛犬の姿はとても可愛らしく、見ているこちらまでもが幸せな気持ちになれます。正しく施設を利用して、愛犬とともに素敵な時間を過ごしましょう。
ペットホテル
ペットホテル
ペットホテルとは、飼い主の体調不良や旅行・出張などどうしても家を留守にしなければならない時に愛犬を預かってくれる場所です。
できるだけ長期で家を空けないことや、親戚や友人など預かってくれる人を見つけておくことは飼い主の責任の一つともいえますが、家を空けるたびに毎回お願いすることは難しいかもしれません。
そんな時、ペットホテルは心強い存在となります。
ペットホテルによっては、トリミングや爪切りのサービスがついているところであったり、個室管理や全頭同じ部屋で管理であったり、サービスや管理方法に違いがありますので、愛犬の性格や普段の行動に合ったホテルを選ぶと良いでしょう。
しつけ教室
しつけ教室
しつけ教室とは、その名の通りしつけ方法を学ぶことができる施設です。
愛犬に対するしつけだけでなく、その飼い主にもしつけ方法を教えてくれますので、愛犬とともに成長することができます。
自宅でしつけ方法を教えてくれるホームステイや、実際にしつけ教室に通って学ぶコース、ペットホテルのように預かってもらいながらしつけもお願いできるコースなど教室によって様々なコースが用意されていることが多いので、飼い主の都合に合わせて学ぶことができるしょう。
しつけに関しては、飼い主も理解していないと、犬の問題行動に悩まされることもあるでしょう。時には、愛犬が他人を傷つけてしまう事態に発展する恐れもあります。
最悪の事態を招かないためにも、自分で正しくしつけをおこなう自信がない場合は、プロのドッグトレーナーにお任せすることをオススメします。
犬の美容室(トリミングなど)
トリミング
トリミングとは、犬種の特徴を発揮し理想の姿に近づけるため犬の被毛を整える技術のことです。
トリミングをおこなう施設では、犬の外見を美しくするためだけでなく、耳掃除やシャンプーもおこなってくれますので、体を清潔にして健康を保つためにも必要な施設といえるでしょう。
犬種によっては、毛のお手入れが困難な場合があるので、飼い主だけではうまくできない場合は、プロのトリマーにお任せしましょう。
ペット葬儀場、ペット霊園
ペット霊園
人間と同じように、ペット葬儀をおこなってくれるペット葬儀場やペット霊園が全国に存在しています。
火葬や納骨ももちろんおこなってくれますし、墓地も用意されている施設が数多くありますので、大切な家族とも安心してお別れすることができます。
お別れの時を考えることはつらいですが、愛犬が亡くなってしまった場合に慌てないよう、事前に施設を探しておきましょう。
ペット同伴可能な飲食店
ペット同伴可能な飲食店
現在でもペットを連れていくことのできない飲食店は数多く存在していますが、お店のルールを正しく守ればペット同伴可能とする飲食店も増えてきました。
ドッグカフェなどはその代表例といえます。飲食店の性質上、衛生面では特に注意する必要がありますので、お店のホームページをよく確認し、事前に用意するものやマナーについて十分に理解した上で利用するようにしましょう。
その他の施設について
アジリティー施設
ペットに対する理解も深まってきたこともあり、ペット同伴可能とする施設の種類や数はどんどん増えています。
上記に挙げた施設のほかにも、飼い主と泊まれるホテル・旅館、温泉、美術館、レジャー施設など、さまざまな場所で愛犬と遊ぶことができるようになりました。
一方で、ルールを無視したマナーの悪い人が原因でペット禁止にしてしまった施設も少なくありません。
このようなペット禁止になる施設が増えないよう、各施設のルールは正しく守った上で、愛犬とともに楽しい時間を過ごしましょう。

ポイント

  • ペットに対する理解が深まり、ペットと一緒に遊べる施設が増えてきた。
  • 各施設のルールを正しく守ることが重要である。
  • 他の犬との接触もあるため、しつけや予防接種は必ず行うこと。
りある編集部

りある編集部

投稿者の記事一覧

犬を飼う前に知りたい、リアルな情報をお届け。
飼い主やブリーダー、獣医師など、様々なジャンルの方々へのインタビューを通じて、犬を飼うとはどういうことなのか、犬と長く楽しく暮らすためにはどうすればよいのか、犬について深く考えるきっかけとなるようなコンテンツを発信します。

関連記事

  1. 自分に合った犬の選び方 自分に合った犬の選び方
  2. 犬の登録、狂犬病予防接種 犬の登録、狂犬病予防接種
  3. 犬を飼う前に必要な心構え 犬を飼う前に必要な心構え
  4. 犬との暮らしに必要なもの 犬との暮らしに必要なもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

獣医が教える正しいシャンプー方法とおすすめの犬猫シャンプー

ワンちゃんをご自宅で洗う機会ってありますよね?しかしシャンプー方法を間違ってしまうとデリケートなワン…

生後26ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグ【子犬成長記】

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第11弾。インタビューを…

犬の耳掃除におすすめのイヤークリーナー3選 【獣医監修】犬の耳掃除におすすめのイヤークリーナー3選

みなさんは愛犬の耳掃除をしたことはあるでしょうか?トリミングサロンや動物病院でしてもらっている飼…

犬用のおすすめ靴3選 - 愛犬の足を熱さや汚れから守ろう 犬用のおすすめ靴3選 – 愛犬の足を熱さや汚れから守ろう

気温の高い日に愛犬を散歩に連れて行く、という飼い主の方も多いと思いますが、愛犬に靴を履かせていますか…

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第10弾 生後19ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグ【子犬成長記】

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第10弾。前回のインタビ…

簡単お手軽にできる犬の暑さ対策グッズ- 導入編

夏も近づき気温がどんどん上がってくると問題になるのが、犬の熱中症です。暑さに慣れていない犬にとっては…

愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選 愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選!

庭や外出先などで愛犬を遊ばせたいと考える飼い主さんは多いと思います。ただ遊ばせるだけとは言え、飼い主…

チャイニーズクレステッドのウソホント 【飼い主インタビュー】チャイニーズクレステッドドッグのウソホント

犬の図鑑やインターネット上にあるチャイニーズクレステッドドッグの情報は、実際にどれくらい当てはまるも…

愛犬との快適なドライブを実現するためのグッズ3選 愛犬との快適なドライブを実現するためのグッズ3選

近年、愛犬と一緒にお出かけができる施設などが増えました。それに伴い、愛犬とドライブをするようになった…

愛犬との遊びにおすすめのおもちゃ4選 愛犬との遊びにおすすめのおもちゃ4選

みなさんは愛犬とどのように遊んでいますか?なかには、仕事が忙しくて遊んであげられていない、という…

ディノベート デンタルホワイトプロ

ピックアップ記事

  1. 【飼い主インタビュー】ミニチュア・ダックスフンドの飼い方 Vol.1~奈良県在住のE.Kさんの場合~ ミニチュアダックスフンド飼い主体験談1
  2. 愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選! 愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選
  3. ちょっとしたおでかけに便利! ワンちゃんが入れるキャリーバック&スリング5選
  4. 絶対ダメ!愛犬に与えてはいけない危険な食べ物や飲み物 犬に与えてはいけない食べ物や飲み物
  5. ペット栄養管理士が教える!犬に与えてはいけない食べ物、与える際には注意が必要な食べ物 犬にとって危険な食べ物
  6. ペット関連施設について ペット関連施設について
PAGE TOP