獣医監修コラム集

【獣医監修】トイプードルを飼う前に知っておきたい病気

ホワイティシモUV ブロック シールドホワイト

日本で一番飼われている犬種「トイプードル」。2008年~8年連続で登録件数No1の犬種です。

少し大きめの「ミニチュアプードル」や一番小さい「ティーカッププードル」などという呼び名に分かれていることもありますが、大きさ以外の特徴は、全く同じです。今回はトイプードルによくみられる病気をご紹介しましょう。

膝蓋骨内方脱臼

膝蓋骨内方脱臼
いわゆる膝のお皿がずれてしまう病気です。トイプードルの最も代表的な病気ですね。実際に軽度の脱臼を含めるとほとんどのトイプードルが持っていると言っても過言ではない病気です。

症状

初期の症状は、跛行(いわゆるびっこ)です。急に足を上げてケンケンする子もいますし、なんとなく後ろ足をかばって歩き方がおかしいということで気付くことも多いです。特に激しく運動をした後に症状が出ることが多いようですね。

症状は脱臼の重症度(グレード)によって変わりますが、重症度が高くなると、跛行の時間が長くなったり、足が細くなってしまいます。

治療

治療法は重症度によって大きく変わってきます。

軽度の膝蓋骨脱臼の場合は、保存療法という内科的な治療を選択することが多いです。その場合は、肥満の防止・激しい運動の禁止・必要に応じて痛み止めやサプリメントなどを使うことで悪化しないようにします。

膝蓋骨脱臼は、完治はできませんが、軽症の子では症状を出さずに一生付き合っていけることが多いです。

重度の膝蓋骨脱臼では手術が必要になります。そのため、トイプードルを飼っている場合は、歩き方に注意して、かばっている様子がある場合はできるだけ早めに病院で診てもらう方がいいでしょう。

治療にかかる金額

診断のためにレントゲンを取ることが多く、その場合には数千円~1万円程度かかります。

痛み止めは1日100~200円程度、サプリメントは1日50円程度であることが多いです。手術になった場合は、術後に入院も数日必要になり、費用が10万円を超えることも少なくありません。

注意点

トイプードルにとって、膝蓋骨脱臼は避けて通れない病気と言ってもいいでしょう。症状が少しでもある場合は早めに診察を受けて、必要な治療を受けることが大切です。

膝蓋骨脱臼と診断された場合は、膝の負担を減らすために、太らせないことと、床をフローリングではなくカーペットや畳にしてあげることも重要です。

外耳炎

外耳炎
トイプードルは、耳道に毛が生えているため、耳道が蒸れやすかったり、その毛に耳垢がへばりついたりして、外耳炎を非常に起こしやすいです。

症状

耳を良く掻く・顔を良く振る・耳が臭い・耳の内側に茶色っぽい汚れが付くなどです。1年中を通してみられる病気ですが、夏場は特に注意が必要です。

治療

基本的には、病院で耳の掃除をして薬を入れてもらうことです。重症の場合は注射や飲み薬が必要になります。

治療にかかる金額

基本的に外耳炎の治療はそれほど高くはありません。1回あたり2,000円~4,000円程度であることが多いです。あまりに重症であれば、注射や特別な処置が必要になり、それより高くなることもあります。

注意点

外耳炎になりやすい子は、定期的に耳毛抜きや耳掃除が必要になります。病院やトリミングで1,2カ月に一度やってもらいましょう。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア
トイプードルは「軟骨異栄養犬種」と言われ、椎間板ヘルニアの好発犬種です。

症状

突然背中や腰の痛みが出て、傷みで鳴いたり震えたりすることが多いです。中には後ろ足のマヒや跛行を起こす子もいます。

治療

内科的な治療としては、痛み止めやビタミン剤を使いつつ、しばらく安静にします。レーザーや赤外線による治療をすることも多いですね。完全マヒなどの重症例では手術が必要になることもあります。

治療にかかる金額

軽症であればレントゲンの数千円とお薬代で1万円程度に収まるケースが多いです。手術が必要な場合はCTやMRIが必要になったり、しばらく入院することが多いため20万円を超えることも珍しくありません。

注意点

腰への負担をかけないことが大切です。太りすぎないようにしてもらい、椎間板ヘルニアを持っている子ではジャンプや階段の上り下りは避けた方がいいでしょう。

白内障

白内障
高齢の犬に非常に多い白内障ですが、トイプードルには若いうちから発症する若年性白内障も少なくありません。

症状

初期の白内障では何となく黒目が白っぽく見えてくることが多いです。若年性白内障では1歳でも発症することがあります。暗い場所で見えにくいというのが初期症状ですが、進行すると完全に失明してしまうこともあります。

治療

白内障の予防効果があると言われる点眼薬もありますが、効果が定かではなく、あくまで予防効果であり治療にはなりません。白内障の治療には手術が必要になります。

治療にかかる金額

犬の白内障手術は眼科の専門病院でないとできなく、全身麻酔も必要なため、20万円以上かかります。

注意点

手術の成功率は90%以上と言われていますが、手術適応にならないことも少なくありません。ただし、進行した白内障では、手術をしないと視力は回復しません。その場合は、目が見えなくても生活できるよう、家の環境を整えてあげる必要があります。

まとめ

愛らしい行動と従順な性格で人気のトイプードル。それほど病気の多い犬種ではないですが、膝蓋骨脱臼が非常に多い犬種です。

体格が小さすぎる子では膝蓋骨脱臼のリスクも高くなるので、かわいいからと言って非常に小さい子を選ぶのはあまりお勧めできません。ある程度体つきがしっかりしている子の方が骨格も強く、病気のリスクは低いことが多いですよ。

本記事に記載された内容は、2016年12月20日現在における情報です。また、各病気に対する治療費等はあくまで目安であり、動物病院によって費用は異なりますので、ご注意ください。

adiantum

adiantum

投稿者の記事一覧

国立大学獣医学科を卒業後、動物病院2件合計8年間勤務。現在は獣医師として働きつつ、動物および人の健康に関する記事をウェブ上で連載中。大学卒業後、ロンドンでペットシッターも経験し、しつけなどのパピー教育にも力を入れている。

関連記事

  1. 市販ペットフードと手作りフード 市販ドッグフードと手作りフード、どっちがいいの?
  2. 【獣医監修コラム】わんこだって歯が命 【獣医監修コラム】わんこだって歯が命
  3. アニマルカイロプラクティック 動物の補完・代替医療シリーズ~アニマルカイロプラクティック~
  4. 犬のマッサージ 動物の補完・代替医療シリーズ~マッサージ~
  5. 社会化はしつけの基礎 犬の社会化はしつけの基礎。しつけの前にまずは社会化を ̵…
  6. 狂犬病と予防接種の重要性 現役獣医師が解説!狂犬病と予防接種の重要性
  7. 環境への社会化と体を触られることへの慣らし方 犬の社会化に重要!さまざまなシチュエーションや体を触れることに慣…
  8. 犬の栄養と繁殖への影響 犬の栄養と繁殖への影響 ~摂取カロリーが出生数と子犬の性別に影響…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

愛犬におすすめの便利な歯磨きグッズ 獣医がおすすめする犬の歯磨きグッズ8選

お隣にいるワンちゃん、お口の臭い大丈夫ですか?犬も人と同様に歯磨きがとても重要です。実は3歳以上の犬…

獣医が教える正しいシャンプー方法とおすすめの犬猫シャンプー

ワンちゃんをご自宅で洗う機会ってありますよね?しかしシャンプー方法を間違ってしまうとデリケートなワン…

生後26ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグ【子犬成長記】

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第11弾。インタビューを…

犬の耳掃除におすすめのイヤークリーナー3選 【獣医監修】犬の耳掃除におすすめのイヤークリーナー3選

みなさんは愛犬の耳掃除をしたことはあるでしょうか?トリミングサロンや動物病院でしてもらっている飼…

犬用のおすすめ靴3選 - 愛犬の足を熱さや汚れから守ろう 犬用のおすすめ靴3選 – 愛犬の足を熱さや汚れから守ろう

気温の高い日に愛犬を散歩に連れて行く、という飼い主の方も多いと思いますが、愛犬に靴を履かせていますか…

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第10弾 生後19ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグ【子犬成長記】

チャイニーズクレステッドドッグの飼い主さんと愛犬との成長を追う子犬成長記第10弾。前回のインタビ…

簡単お手軽にできる犬の暑さ対策グッズ- 導入編

夏も近づき気温がどんどん上がってくると問題になるのが、犬の熱中症です。暑さに慣れていない犬にとっては…

愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選 愛犬と外で遊ぶために最低限必要なグッズ6選!

庭や外出先などで愛犬を遊ばせたいと考える飼い主さんは多いと思います。ただ遊ばせるだけとは言え、飼い主…

チャイニーズクレステッドのウソホント 【飼い主インタビュー】チャイニーズクレステッドドッグのウソホント

犬の図鑑やインターネット上にあるチャイニーズクレステッドドッグの情報は、実際にどれくらい当てはまるも…

愛犬との快適なドライブを実現するためのグッズ3選 愛犬との快適なドライブを実現するためのグッズ3選

近年、愛犬と一緒にお出かけができる施設などが増えました。それに伴い、愛犬とドライブをするようになった…

カナガンドッグフード2

ピックアップ記事

  1. 【獣医監修】チワワを飼う前に知っておきたい病気 チワワを飼う前に知っておきたい病気
  2. 自分に合った犬の選び方 自分に合った犬の選び方
  3. 犬用のおすすめ靴3選 – 愛犬の足を熱さや汚れから守ろう 犬用のおすすめ靴3選 - 愛犬の足を熱さや汚れから守ろう
  4. 【飼い主インタビュー】チャイニーズクレステッドドッグのウソホント チャイニーズクレステッドのウソホント
  5. 生後7ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグを飼っています【子犬成長記】 生後7ヶ月のチャイニーズクレステッドドッグを飼っています【子犬成長記】
  6. ワンちゃんのデンタルケアに使えるおやつ&おもちゃ5選! ワンちゃんのデンタルケアに使えるおやつ&おもちゃ5選
PAGE TOP